日々のニュースや時事ネタ、為になる情報を配信するサイトです!

ノマドリズムのブログ

映画

塔の上のラプンツェル原作のあらすじを紹介!動画あり

投稿日:

3月10日の金曜ロードSHOW!で『塔の上のラプンツェル』が放送されますね♪

先週のアナ雪に次いで楽しみにしている方は多いですよね!

 

ところで、ディズニー映画はグリム童話を原作にしている話は有名ですよね。

しかし、そのグリム童話をストーリーそのままで映画にしてしまっては結構な問題になりそうなくらい残酷な物語が多いんです!

『塔の上のラプンツェル』も例外では無く、親子で映画を楽しむ♪という事は出来なくなります。

 

まあそもそも世界のウォルト・ディズニーさんがそんな事をするはずが無いのはわかりきっていますが(汗)

 

という事で、今回は『塔の上のラプンツェル』の原作、グリム童話のあらすじを紹介します!

最後の方にイラスト付きの動画を載せていますので、最後までご覧ください。

 

 

『塔の上のラプンツェル』原作のあらすじ

ラプンツェル原作

出典:http://kotakai-trend.blog.so-net.ne.jp/

 

昔々あるところに永い間子供がいない夫婦がいました。

ある時夫婦のもとに欲しがっていた待望の赤ちゃんが奥さんのお腹に宿りました。

 

2人の住んでいる家の窓から見える高い石壁で囲まれている庭は、花や野菜がたくさん育っていたのですが、実はこの庭の持ち主は、とっても恐ろしい『魔女』だったのです。

 

 

ある日奥さんが窓から魔女の庭を眺めていると、サラダにして食べるととっても美味しい”ラプンツェル”(レタスに似た野菜)が生えているのを見つけました。

そのラプンツェルがとっても美味しそうだったので、奥さんは食べたくて仕方ありませんでしたがそこは魔女の庭、諦めるしかありませんでした。

 

 

すっかり元気を無くしてしまった奥さんを見て「俺があのラプンツェルを持ってきてやる!」と言って、旦那さんは暗くなったのを見計らって高い石壁を越えて畑に降り、美味しそうなラプンツェルを一掴み盗んできたのです。

 

盗んだラプンツェルで作ったサラダ

 

早速喜んだ奥さんはラプンツェルのサラダを作り、あっという間に全て食べてしまいました。

ところがあまりにも美味しさに感動し、奥さんはもっとたくさん食べたくなってしまったのです。

 

そして旦那さんに「もっとラプンツェルを採ってきて!!」と言い、仕方なく旦那さんは翌日も日が暮れるのを待ってラプンツェルはを摂りに行きました。

 

石垣を登って裏の庭に降りたところで人の気配を感じると、なんと目の前にいたのは鬼のような形相をした魔女でした!

魔女は旦那さんに向かって「人が大事に育てたラプンツェルを盗む泥棒め!酷い目に合わせやる!!」と言ってきました。

 

 

「どうかご勘弁ください。あまりにも美味しそうなラプンツェルを、女房がどうしても食いたいと言うもので・・・。」と言うと旦那さんが言うと、魔女は少し機嫌をして、「欲しいだけ持っておいき!だけど、かみさんが子供を産んだらその子を私におくれ。私が母親のように世話をして育ててきっと幸せにしてやるよ。」と言いました。

旦那さんは恐ろしさのあまり、魔女の言う通り約束をしてしまいました。

 

 

ラプンツェルを好きなだけ食べた奥さんはそれから間もなく女の赤ちゃんを産みました。

すると嗅ぎつけたように魔女がやってきて、赤ちゃんを連れて行ってしまいました。

 

黄金に輝く髪の毛のラプンツェル

 

魔女に連れていかれた赤ちゃんは『ラプンツェル』と名付け育てられ、黄金のようにキラキラと輝く長い髪を持つとても美しい女の子になりました。

ラプンツェルが12歳になると魔女に森へ連れていかれ、てっぺんに小さな窓があるだけで出入りの戸口も階段も無い塔に閉じ込められました。

 

 

魔女は毎日昼間に塔の下へやってきて、大きな声でラプンツェルの名前を窓に向かって呼びかけるとラプンツェルは黄金に輝く長い髪を下へ垂らし魔女は髪につかまり窓まで上がってくるのです。

 

 

それから何年か経ったある日、その国の王子が馬にまたがってこの森を通りかかりました。

すると何処からか美しい歌声が聴こえてくるではありませんか。

それはラプンツェルが一人ぼっちの寂しさを紛らわせるため歌っている声でした。

 

 

王子は妙にその歌声が気になり、声がしてくる場所を頼りに探しました。

すると森の奥に塔が見えてきました。

間違いなくその塔から綺麗な歌声が聴こえてくるのに、入り口を探してもどこにもありません。

 

 

それでも王子はその美しい歌声を忘れることができず、毎日塔の近くにある木陰から聴こえてくる歌声に耳を傾けていました。

するとある時魔女が塔に向かってくるのが見えました。

 

 

その様子を物陰から見ていると、魔女はラプンツェルと窓に向かって呼びかけました。

すると黄金の髪の毛が窓から降りてきて、魔女はそれをつたって塔をよじ登っていくではありませんか!

塔の上のラプンツェル

 

それから王子は次の日の暗くなるのを待って塔の下から窓に向かってラプンツェルの名前を叫ぶと、あの時見たように黄金の髪の毛が降りてきました。

窓から登ってきた王子を見てラプンツェルは大変驚きましたが、一方で美しいラプンツェルをみた王子は一目惚れしてしまいました。

ラプンツェルも優しい王子に「この方は私の事を大切にしてくださるに違いない!」と思えました。

 

 

そして王子はラプンツェルに向かって、「私のお嫁さんになってもらえませんか?」とプロポーズをしました。

ラプンツェルも「喜んで!」と言い、自分の手を王子の手のひらに重ねました。

 

 

しかし、塔から降りることができないラプンツェルは少し考えた後、「毎日いらっしゃる度に絹の紐を1本ずつ持っていらして!それでハシゴを編んで下に降りましょう!」と提案し、毎日来てもらうようにお願いしました。

それから王子は毎日約束通りやってきましたが、魔女は全く王子の存在に気が付きませんでした。

 

 

ところがある日の事、ラプンツェルはいつものように魔女を引っ張り上げた後でつい口を滑らせてしまいました。

「お婆様を引っ張り上げるのはどうしてこんなに大変なのかしら。王子様はあっという間に登っていらっしゃるのに!」と。

 

それを聞いた魔女は激怒し、「お前だけはくだらない世間からすっかり離しておいたつもりだったのに!よくも私を裏切ったな!この罰当たりが!!」と言い、ラプンツェルの黄金の長い髪をハサミで根元から切り落としてしました。

そして魔女はラプンツェルを塔から追い出したのです。

 

 

 

夕暮れになり何も知らない王子がやってきてラプンツェルの名前を窓に向かって叫びました。

そして魔女は切り落としたラプンツェルの髪の毛を窓の鍵にしっかりと結びつけ窓から下げたのです。

上がってきた王子はラプンツェルの代わりに恐ろしい形相をした魔女を見て大変に驚きました。

 

 

「残念だったね、可愛い小鳥はもういないよ。ニャアニャアがさらっていったのさ!ニャアニャアはお前の目玉もくり抜くかもしれないよ!」と魔女が言うと、それにショックを受けた王子は目の前が真っ白になり、窓からその身を投げてしまいました。

 

王子の命は助かりましたが、塔の下にある枳の茂みに落ちて棘が王子の両目に刺さってしまい目が見えなくなってしまいました。

それから王子は森の中を手探りで彷徨いながら木の実などを食べて命をつなぎ、ラプンツェルの事を思いながら何年も森の中を彷徨いました。

王子が彷徨った森

 

すると、何処からともなく聞き覚えのある声が!

その声を頼りに歩いて行くと、そこにはラプンツェルと双子の男の子と女の子がいました。

 

ラプンツェルは近付いてくる人影を見てすぐに王子だとわかり、あまりの嬉しさに王子に抱きつき涙を流しその涙が王子の瞼に触れました。

すると王子の両目は突然見えるようになったのです!

 

両目が見えるようになった王子は、ラプンツェルと双子の子供たちを連れてお城に連れて帰ると国民たちは喜んで迎えてくれ、お城で幸せに暮らしましたとさ。

 

おしまい

 

 

ディズニー映画『塔の上のラプンツェル』との違い

ディズニー映画の『塔の上のラプンツェル』と原作『ラプンツェル』の違いを解説します!

 

キャラクター設定

ラプンツェル原作とのキャラ設定の違い

出典:4meee.s3.amazonaws.com

ラプンツェルに不思議な力が宿っていて涙を流して王子を助けるところはディズニー映画のフリンを助けるシーンと似ていますね。

そもそも映画だと恋に落ちるのは王子ではなく盗賊、ラプンツェルの両親は一般市民ではなく王様とお妃さまですので、最初からほとんど真逆になっています。

メインキャラの設定によってストーリーの方向性が変わってくるのは当たり前と言えば当たり前ですよね!

 

原作の親がダメすぎる!!

ラプンツェル原作のダメ親

ディズニー映画では病気で倒れてしまったお妃さまに魔法の花を煎じて飲ませ、不思議な力を宿して生まれたラプンツェルを魔法の花の力欲しさにゴーテルが誘拐しています。

 

一方原作の方はと言うと、妊娠した奥さんが欲求を満たすために魔女の畑から野菜のラプンツェルを盗んできています。

なんだか原作の方は子供が拐われることがわかっていながらその欲求を抑えることができなかった両親にかなりの問題がありますよね・・・。

 

魔女は母親が野菜のラプンツェルを食べれば生まれてくる子供に不思議な力が宿ることを知っていて母親に食べさせたのだと思いますが、ラプンツェルの産みの親は完全に自業自得ですよね。

 

ラプンツェルをもらうことを約束した時に魔女は「子供をきっと幸せにしてやるよ!」と言ったり、ラプンツェルが王子を連れ込んでいることがわかった時も「お前だけはくだらない世間からすっかり離しておいたつもりだったのに!」と言っています。

 

これはラプンツェルの事を思い、ダメな親から引き離そうとしているように思えますよね。

なので原作の魔女はきっといい魔女なのではないかなというのが私の見解です。

そう考えると魔女を裏切った行為をしていたラプンツェルの方がどうなのかと・・・。

 

 

ラプンツェルの無料動画を紹介

ラプンツェルが無料で観れる動画やサイトを紹介します!

 

ラプンツェルの原作の動画

原作の動画もあるのでご覧ください↓

片言の日本語が言い味を出していますよ♪

 

 

auスマホならディズニー映画が見放題

ディズニー好きにはたまらない!

なんとauディズニーパスなら30日以内なら無料で動画が見放題です!!

『塔の上のラプンツェル』続編映画もauスマホなら無料で観る事ができますよ♪

その他にもディズニーキャラクターのスマホ壁紙やアイコンが取り放題や、ディズニー映画も見放題です!

 

※30日を過ぎると自動課金になりますので、退会される場合はスマホから退会手続きを行ってください。

 

auディズニーパスはこちらから↓

30日間無料!ディズニーパス

 

塔の上のラプンツェルDVD

塔の上のラプンツェルを自分の物にしたい!という方はDVDを自分の物にしちゃいましょう♪

新品と中古どちらも販売しています↓

 

 

 

おわりに

いかがでしたか?

 

今回ご紹介したグリム童話は時代とともに少し柔らかく変化したお話です。

他のグリム童話と比べると少し刺激が少ないようにも思えますが、ラプンツェルの原作は原作でなかなか面白いストーリーになっていますよね!

 

個人的には珍しく魔女の方に共感できる原作の方が好きかもしれません☆

 

原作を知った上でもう1度ディズニーの『塔の上のラプンツェル』を観てみる事をお勧めします♪

 

こちらの記事も読まれています↓

ラプンツェルの続編フル動画を無料で視聴する方法を紹介!

アナと雪の女王エルサの手袋が凍らない理由は?魔法の正体を解説!

ソニンの相方後藤祐樹の現在!EE JUMP時代から解説!

 

-映画
-, ,

Copyright© ノマドリズムのブログ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.