日々のニュースや時事ネタ、為になる情報を配信するサイトです!

ノマドリズムのブログ

シミそばかす

シミそばかすを消すメイク術を紹介!タイプ別化粧品も解説!

投稿日:

 

10代や20代前半のころはノーメイクでちょっと出かけたりしてもあまり周りの目は気になりませんでしたよね。

ですが、歳を重ねるにつれて肌の悩みは増えていくものです。

特にシミそばかすなどの肌トラブルがあると自分に自信を持てなくなってしまい、人と目を合わせて会話するという当たり前のようなこともおっくうになってしまいますよね。

 

今回は、そんな悩みをお持ちの方の為に、シミそばかすを隠すメイク術を紹介します。

ぜひ、試してみてくださいね!

 

 

シミそばかすを消す化粧品の選び方

シミそばかすを消す化粧品の選び方

シミ・そばかすを消すにはファンデーションやコンシーラーを組み合わせて使う必要があります。

今回はその選び方と使い方をご紹介します。

 

ファンデーションの選び方

ファンデーションには

  • パウダータイプ・・・つけ心地が軽くてナチュラルに仕上がりだが、カバー力が低い。
  • クリームタイプ・・・油分が多く乾燥肌に適しカバー力も高いが、商品によっては乾燥しやすい物もある。
  • リキッドタイプ・・・さらっとしたつけ心地で、脂性肌と乾燥肌共に適しているがクリームタイプよりはカバー力が低い。

の3タイプがあります。

 

オススメのファンデーションを紹介した記事はこちらです↓

シミそばかす消すファンデーションのおすすめランキング2017!

 

コンシーラーの選び方

コンシーラーにもタイプがあり、

  • ペンシルタイプ・・・ペン先が固めなので、小さいシミを隠すのに適している。
  • 筆ペンタイプ・・・リキッドで小さいシミを消すのに適しているが、カバー力は低め。
  • クリームタイプ・・・カバー力も高く、広範囲のシミを隠すのに適している。小さいシミ消しには向いていない。
  • スティックタイプ・・・油分が多くカバー力も高い。脂性の方は時間が経つと浮きやすい。
  • チップタイプ・・・シップグロスの先端のような部分でリキッドタイプ。塗りやすいが多少水っぽいのでカバー力はあまり高くない。

 

オススメのコンシーラーを紹介した記事はこちらです↓

シミそばかすを消すコンシーラーのおすすめランキング!特徴も解説!

 

上記の特徴を参考に、コンシーラーを選ぶときは肌の色より少し暗いものを選びましょう。

明るいものは逆にシミそばかすを目立たせることになってしまいます。

また、シミそばかすによって色が異なっている場合は、いくつかの種類をそれぞれの場所に使うのもいいでしょう。

 

より濃いシミには油分の多いスティックタイプのようなカバー力の高いコンシーラーを選ぶと良いですよ♪

 

 

ファンデーションとコンシーラーの塗る順番

ファンデーションとコンシーラーの塗る順番

お化粧するときに、どちらを先に使うか迷ってしまう方も多いはず。

実は、使うファンデーションによって塗る順番は異なるのです。

順番も含めて塗り方をご紹介します。

 

パウダーファンデーションを使う場合

パウダータイプのファンデーションを使う場合は、コンシーラーを先に塗ります。

 

パウダーファンデーションを後に使うことで、コンシーラーをより馴染ませ、仕上がりをナチュラルにしてくれます。

化粧水など肌の基礎を作った後、パウダーファンデーションを塗る前につけましょう。

 

より濃いシミでお悩みの方は、次の方法でシミそばかすを消すメイクをオススメします。

 

リキッドファンデーションを使う場合

リキッドタイプやクリームタイプなど、水気のあるファンデーションはコンシーラーの前に塗ります。

 

リキッドファンデーションはもともとカバー力があるのですが、塗った後にも見えてしまうシミそばかすには後からコンシーラーで消していきましょう。

さらに、パウダータイプのファンデーションを上から塗るときれいに仕上がります。

 

 

コンシーラーの塗り方

コンシーラーの塗り方

コンシーラーは少なすぎてもシミそばかすを消すことができないし、多すぎると逆に目立ってしまいますよね。

 

他にも、顔のどの部分に塗ったら良いのかイマイチわからなかったりする方も多いかと思います。

そんな方に、細かい動作がわかる動画でコンシーラーの使い方を説明している動画をご紹介します。

 

  • こちらの動画では、隠したいものによってどのようなタイプのコンシーラーを選んだら良いのかを紹介しています。

↓ ↓ ↓

 

 

  • こちらはシミそばかすだけでなく、あざやホクロまで隠すという優秀なダーマカラーのコンシーラーを紹介しています。

↓ ↓ ↓

動画のコンシーラーはこちらからご購入いただけます↓

 

 

このように、動画ではコンシーラーの効果やみんながどう使っているのかをリアルに見ることができます。動画を見ながらメイクを学ぶのもおすすめです。

 

 

ファンデーションやコンシーラー以外の化粧品でシミを隠す

シミを消す方法は、ファンデーションやコンシーラーで直接消す方法だけではありません。

 

ポイントは、他のパーツに目線が行くようにすることです。

 

例えば、アイシャドーやアイライナーで目元を濃いメイクで仕上げたり、チークやリップを少し目立つようにする方法です。

 

気を付けないといけないのが、全体のバランスを見ながらメイクをすることです。

コンプレックスのシミから目線を外したいと考えるあまり、すれ違う人に2度見されるような極端に濃いメイクになってしまっては元も子もありません。

 

いつもと違うメイクにチャレンジする場合は、完成したら自分の顔をスマホなどで写真を撮って客観的に見てみましょう。

これを繰り返すことでシミを隠すメイクが上手くなるだけではなく、顔全体のメイクも上達していきますよ♪

 

 

おわりに

いかがでしたか?

 

シミそばかすは意外と簡単隠せてしまうんです。

これで、もう肌を見られても気になりませんね☆

 

ですが、適度にお肌を休ませることも大切です。

肌トラブルを防ぐためにも、メイクをしない日を作るのもいいでしょう。

 

こちらの記事も読まれています↓

シミそばかす消すファンデーションのおすすめランキング2017!

シミそばかすを消すコンシーラーのおすすめランキング!特徴も解説!

ファンケルのアクネケアでニキビ跡が消える?口コミは?

 

-シミそばかす
-, ,

Copyright© ノマドリズムのブログ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.