日々のニュースや時事ネタ、為になる情報を配信するサイトです!

ノマドリズムのブログ

テレビ

ワールドシリーズ2017第7戦の敗因や戦犯を分析してみた

投稿日:2017年11月2日 更新日:

今回のワールドシリーズは最終戦まで持ち込み白熱しましたね。

 

ドジャースが最後に勝ってくれれば日本人として鼻高々だったんですが・・・

1-5で負けてしまいました( ;  ; )

 

最終戦の第7戦に先発したダルビッシュの大乱調はもちろん問題ですが

他にも戦犯になるような選手がいたのでまとめてみました。

 

見逃したという方。

ご自分で検証したいという方はこちらから視聴できます↓

スポナビでワールドシリーズを視聴

 

ワールドシリーズだれが悪い??ネットの口コミ

 

 

 

 

 

 

 

ほとんどの声はダルビッシュ投手が戦犯だと言っていますね^^;

アメリカのTwitterユーザーを見ると日本のそれに比べてかなり辛辣な内容です。

 

「出てけ!」

「信じられない誤算」

「ダルビッシュの移籍は無駄遣い」

 

と言った内容も・・・

 

 

ワールドシリーズ第七戦の戦犯、敗因は?

主に気になったのはこの人たち↓

  • コディ・ベリンジャー(一塁手)
  • ダルビッシュ有投手
  • ボールを作った人
  • 主審

戦犯はコディ・ベリンジャー?

ベリンジャーの失投

 

 

 

 

 

一番は勿論ダルビッシュ投手の調子の悪さがもっとも責められるべきだと思いますが・・・

 

立ち上がりにダルビッシュ投手が2塁打を打たれます。

しかしこの時はまだ球が走っていたように見えました。

 

その後のバッターにファーストゴロを打たせ討ち取ったかと思われましたがベリンジャーがまさかの失投でエラー。

 

ここら辺からダルビッシュがガタガタになっていきました。

 

更に打撃面もガタガタで全くタイミングがあっていませんでした。

 

負けたのは審判のストライクゾーンのせいか?!

ストライクゾーンのイメージ

 

 

 

 

 

 

ちょっと気になったのは審判のストライクゾーンの曖昧さです。

 

ちょっと前に投げた同じコースではストライクを取ったのに同じコースに決め球としてズバンと投げてもストライクと宣言してくれずダルビッシュは苦しみました。

 

それは解説者も話していて『同じところに投げているんですけどねえ・・・』と。

 

ここら辺にもダルビッシュ投手が崩れた原因がありそうです。

 

ボールの質のせい?!

ワールドシリーズのボールが滑りやすい

 

 

 

 

 

 

 

 

ボールがシーズン中のものと違い滑りやすかったとダルビッシュは語っていました。

スライダーがキーになっているダルビッシュ投手にとっては中々厳しかったのかもしれません。

 

しかしカーショーもその滑りやすい球に対応し第七戦はしっかり仕上げてきています。

 

結局敗因は?

ワールドシリーズの敗因はこれ

 

 

 

 

 

日本人目線で見てしまうとどうしてもダルビッシュ投手を責めたくは無いのでボールのせいにも一塁手のせいにも、審判のせいにもしたくなります。

 

ただゴメンなさい。

敗因はやっぱりダルビッシュ投手でしょう( ;∀;)

 

解説者も話していましたがダルビッシュから闘志のようなものが見られませんでした。

 

良い時のダルビッシュ選手の躍動感も見られず解説者いわく

「気迫が感じられない」

「他の選手とはちょっと様子が違う」

 

シーズンから戦っていたチームではなかったからなのかはよく分かりませんが・・・。

日本人としては非常に残念なワールドシリーズでした。

 

来年以降のダルビッシュ投手、その他の日本人選手に期待しましょう!!

 

もう一度ワールドシリーズを見たい方。見逃した方

見逃したという方。

ご自分で検証したいという方はこちらから視聴できます↓

スポナビでワールドシリーズを視聴

 

無料で視聴したい方はこちらの記事を参照↓

ワールドシリーズ2017無料視聴!今スグ簡単に見る方法!

-テレビ
-, , ,

Copyright© ノマドリズムのブログ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.