日々のニュースや時事ネタ、為になる情報を配信するサイトです!

ノマドリズムのブログ

グルメ

シーチキンとツナの違いや意味の違いは何?中身はマグロ?かつお?

投稿日:2016年11月3日 更新日:

最近『はごろもフーズ』の「シーチキンLフレーク」にゴキブリが混入していた事件でなにかと話題になっていますね。

 

そんな事から、シーチキンとツナ缶の違いってなんだろうと疑問に思った方もいるのではないでしょうか。

 

なんとなく同じ意味で捉えている方が多いと思うので←私が実際そうです

 

今回はシーチキンとツナ缶についての違いを調べてみました!

 

 

ツナとは

 

まずは『ツナ』について調べてみました!

 

「ツナ」は英語で「Tuna」と書きマグロの事を言い、マグロを使った加工食品全般をツナと呼びます。

この事からツナ缶=まぐろのみと言う事なんでしょうか?!

 

ライトツナとホワイトツナの違い

 

  • ホワイトツナ・・・原料はびん長マグロで白に近い色をしており見た目やたんぱく質が良質なことから高級なツナ缶とされています。

 

  • ライトツナ・・・キハダマグロ、メバチマグロ・かつおが原料で桃黄色をしていて安価。

 

この様に原料の違いもありますが、加工後の色の違いでツナの種類が分けられている様です。

 

 

ライトツナの中にかつおが入ってる!!!

 

 

ツナ=まぐろでしょ!?と思いますよね?
しかし、かつおはかつお科でマグロ科には属しませんが、マグロに味が似ていて価格も安価な為ツナに使われるようになったそうです。

 

しかも日本よりも本場の海外のツナ缶の方が多くかつおが使われているそうです。

 

要するに、ツナは「マグロの加工食品」という意味ではありますが、ツナ缶の世界ではかつおを使用してもツナと呼んでもよし!

とされているのです。

 

かつおの油漬と書いている缶詰だけにかつおが入っているのかと思いました・・・。

 

ライトツナのライトって油少なめって意味じゃなかったんですねw

 

 

シーチキンとは

 

それでは『シーチキン』について調べてみましょう!

 

調べてみると『シーチキン』は

「はごろもフーズ」の商品名でした!

 

商標登録もされていて

はごろもフーズ以外のツナ缶は『シーチキン』とは呼ば無いなんて驚きです!!

 

 

ちなみに

まぐろを使ったツナ缶も

かつおを使ったツナ缶も

 

同じ『シーチキン』です。

 

かつおを使った方の『シーチキン』は『シーチキンマイルド』と名付けています。

 

『シーチキンライト』じゃ無いあたりは密かな抵抗を感じますw

 

『シーチキン』の由来

 

米国に本社のある世界的な『シーフード会社』が作っているツナ缶が「Chicken of the Sea(海の鶏肉)」という名前で販売されており、『はごろもフーズ』が自社のツナ缶を海外に輸出する際に同じ名前にするわけにもいかないので「シー(海の)チキン(鶏肉)」としたそうです。

 

 

おわりに

今回はシーチキンとツナ缶の違いについて調べてみましたが結論は

 

はごろもフーズの出しているツナ缶=『シーチキン』

という事でした!

 

 

最近はツナ缶の種類が豊富になり、中にはわかりやすく「まぐろ」とか「かつお」と表記されています。

 

かつおのツナ缶の方が安いけど、「ツナ=まぐろ」という考えが以前はあったので、スーパーでどちらを買うかかなり悩んでいました。

 

しかし食べてみるとかつおで作ったツナ缶も美味しいことが分かったのでそれからは迷わず美味しくて財布に優しいかつおを選んでいます。ww

 

さらに、これまで『はごろもフーズ』のシーチキンはまぐろだけだと思って食べていたのでかつおのツナ缶が意外にも馴染み深い物だったんだなと知りました。

 

いかがでしたか?

これからツナを購入する際に参考にしていただければと思います!

 

ツナ缶の関連記事はこちら

↓     ↓     ↓

はごろもフーズツナ缶問題で製造休止になった下請け工場はどこ?

はごろもフーズ問題で興津食品が他に作っていた製品は何か?休止から倒産も?!

 

-グルメ
-, ,

Copyright© ノマドリズムのブログ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.