日々のニュースや時事ネタ、為になる情報を配信するサイトです!

ノマドリズムのブログ

ニュース

JR運転士の不祥事!2016年8月〜9月まとめてみた!

投稿日:2016年9月30日 更新日:

ここ2ヶ月で意識の低い運転士のニュースが多いなぁと感じたのでまとめてみました!

 

 

JR東日本 居眠り運転 

 

2016年9月27日午後1時半頃、JR東日本の男性運転士(30代)が、居眠りをしながら列車を運転していると乗客からホームページの相談窓口に通報が入りました。

 

JR東日本が聞き取りを行った所男性運転士は、「気が緩み、眠気を感じて目を閉じて運転してしまった」と話ていたそうです。

 

JR東日本は、運転士としての責任を自覚させるために指導を徹底したと言っていますが、正直それだけ?と思いました。今回は何事もなかったから良かったものの命を委ねている利用者からしたら恐怖でしかないですよね。

 

JR東日本 電車から放尿

 

2016年9月12日

JR東日本千葉支社の男性運転士(50代)が総武本線佐倉駅に停車させた電車から線路に放尿していたことがわかりました。
ホームと反対側の運転席のドアを開け、線路に放尿した運転士を駅の敷地外にいた通行人が目撃し、通報したそうです。
その光景を見たら唖然としてしまいそうですね。

 

運転士は「トイレに行くことで電車を遅らせたくなかった」と説明しています。
運行に影響はなかったが、千葉支社はモラルに欠く行為で指導が必要として、運転士を乗務から外したそうです。

 

確かに走行中ではないので事故にあう危険は無いにしてもそんな運転士が運転する電車に乗りたいと思えないですね。。。

しかも、過去にも数回やっていたそうです。

 

JR東海 運転台に足を乗せて運転

 

2016年9月6日午後2時頃

JR東海の名古屋運輸所に所属する男性運転士(29)が運転台に足をのせて新幹線を運転していましたとの事。

 

東京→新大阪の「こだま」を運転していた男性運転士は、掛川駅〜浜松駅の間のおよそ10秒間に、靴を脱ぎ運転台に足を乗せていました。

 

その写真がツイッターに投稿されて発覚。

運転士は「「足を伸ばして楽な姿勢をとるためだった」と話していたそうです。

 

列車の運行に影響はありませんでしたが、極めて不適切として運転士の処分を検討するとしています。

 

 

JR東日本 あぐらをかいて運転

 

2016年8月17日

JR東日本の男性運転士(32)があぐらをかいて運転していた。

 

千葉県君津発・東京行きの通勤快速を走行中に、何度も運転席に両足を上げ、あぐらをかいて運転していたとのこと。

 

乗客からの指摘を受けて発覚しました。JR東日本がこの運転士を聴取した際の言い訳がひどい!

「土踏まずを蚊に刺されて足がかゆかった」

 

確かにかゆみを我慢できないのはわからなくもないが、あぐらはかかなくてもいいのではないか?

しかも過去にも運転席に片足を上げて運転したことがあると言っていました。

 

意識が低すぎて呆れてしまいますね。

 

しかも、線路に人がいた時などに鳴らす警笛のペダルがあるそうで、あぐらをかいていたら瞬時にこのペダルを踏む事ができないそうです。

 

最悪の時の事を考えると恐ろしすぎますね。

JR東日本は、二度としないようこの運転士を厳しく指導したといいます。

 

まとめ

 

まとめてみてやっぱり不祥事多いですね。

こうも立て続けに居眠り・足乗せ・あぐら・放尿・・・

 

たくさんの命を預かっている人の行動とはとても考えられないですね。

これからはは徹底して指導していただきたいものです。

 

SNSが普及しているこの世の中たとえ小さい事でもすぐ拡散してしまうので気を付けてくださいね!

-ニュース
-, ,

Copyright© ノマドリズムのブログ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.