日々のニュースや時事ネタ、為になる情報を配信するサイトです!

ノマドリズムのブログ

ゲーム

ワンダースワンとは?『仮面ライダーエグゼイド』にワンダースワンが登場で話題に!

投稿日:2016年10月2日 更新日:

10月2日から放送開始にされた新番組『仮面ライダーエグゼイド』

 

仮面ライダーエグゼイドのPR動画はこちら↓

 

こちらの番組内で昔流行った携帯型ゲーム機『ワンダースワン』が登場した事でツイッターの口コミランッキングやネット上で話題になっています!

 

 

なんなら新番組の『仮面ライダエグゼイト』よりも『ワンダースワン』の方が話題を集めちゃってるくらいです。

コレ↓

30efc9028ddb9da0c4471aed2336914a

ワンダースワン登場シーン

images-1

出典:http://shishioh.info/

問題の『ワンダースワン』は
16年前の回想シーンで登場します!
番組内では医者の卵の主人公宝生永夢(飯島寛騎)が幼い時に病弱で大病を患っていたとか・・・。

 

その病気の主日を執刀した当時のお医者さんは成功率の低いその手術を行う事を周囲から反対されますがそれを押し切り手術をします。

 

出典:http://ziuya.cocolog-nifty.com/

見事手術は成功しその病気と闘ったご褒美として主人公の宝生永夢に携帯型ゲーム機を手渡します!
その渡された携帯型ゲーム機というのが『ワンダースワン』だったんです!

 

出典:twitter.com

 

これを機にゲームにハマりまくってしまう主人公w

 

ワンダースワンって何?!

images-2

出典:http://sa2hara.com/

 

発売日=1999年3月4日

定価=4800円

メディア=カセット(フーフーするやつ)

売上台数=350万台(大ヒットですね!)

一番売れたソフト=ファイナルファンタジー

 

当時の携帯型ゲーム機といえば任天堂のゲームボーイをご存知の方も多いと思いますが実はそのゲームボーイを製作した横井 軍平さんが任天堂を退職した後に自ら起業し作ったのがこの『ワンダースワン』なんです!

ゲームボーイの弟みたいな存在ですね!

 

スケルトンのデザインは当時大流行したiMacを連想させます。

 

新世代ゲーム機としては発売されたワンダースワンは革新的でした。

まあ当時は白黒なんですけどw

2000年にカラー版『ワンダースワンカラー』定価6800円が発売されました。

 

16年前という事ですが主人公がもらったのは白黒タイプの『ワンダースワンです』

 

こちらの動画を御覧ください↓

 

ネーミングの由来

「水面上は優雅に見える白鳥でも、水の中に潜り覗いてみると水面下では脚を必死にバタつかせている」という白鳥の特徴から来ていて「外見上はスマートだが、中身は高性能」という意味が込められているそうです。
このゲーム機の特徴として今のアイフォンでは当たり前ですが縦にも横にも持てる様に作られています。

 

 

ワンダースワンはどこで買える?

 

一応調べましたがいまはもう販売中止しているとあってほとんど中古しか無い様です。

 

もしお子さんにプレゼントしたら『え〜!!これエグゼイドで出てたアレじゃない?!』なんて事になるかも🎶

 

プレミアがついて高いショップもありますが楽天市場などで探せば1000円くらいでも買えますね!

ソフトも比較的安く販売されているのでエグゼイドの幼少期と同じ体験をしたい方は是非↓

 

まとめ

 

%e3%81%82%e3%81%82%e3%81%82

出典:http://jin115.com/archives/

いやー懐かしいですね〜。

何でワンダースワンなんだよって思ったんで調べてみたら仮面ライダーシリーズのスポンサーが「バンダイ」だったんですね!

当時バンダイが発売したハードっていう大人の事情がありそうです!

 

しかも主人公のエグゼイドが必殺技を出す時の動きがふファミコンのソフトをフーフーする動きに激似な事など16年前に当時子供だった今のパパママ世代を意識した演出が随所に見られます。

 

これはパパママ世代にも人気が出る仮面ライダーになるかもしれませんね!

-ゲーム
-, ,

Copyright© ノマドリズムのブログ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.