日々のニュースや時事ネタ、為になる情報を配信するサイトです!

ノマドリズムのブログ

ニュース

最新情報!噴火警戒レベルが高い9つの火山【画像付き】阿蘇山だけじゃない!

投稿日:2016年10月8日 更新日:

2016年10月8日午前1時46分ごろ、熊本県の阿蘇山の中岳第1火口で、爆発的噴火が発生しました。

噴煙の高さは雲の為今の所は不明で、1キロを超える広い範囲に噴石が飛散した可能性があります。

この噴火をみて気象庁は噴火警戒レベルを2(火口周辺規制)から3(入山規制)に引き上げました。

 

2016年10月7日現在、全国の活火山で噴火警戒レベルが設定されていまが、その中でも火山活動が顕著で登山規制が施行されている噴火警戒レベル2以上の山は阿蘇山を含めて9つあります。

 

それでは、画像付きで紹介します。

噴火警戒レベルとは?

 

さくっとまとめてみましたので参考にしてください。

【レベル1(活火山は全てこのレベル1)】:状況に応じて火口内への立入規制等。

【レベル2(火口周辺規制)】:火口周辺への立入を規制。

【レベル3(入山規制)】:登山の禁止や入山を規制する等、危険な地域への立入を規制する。状況に応じては災害時に援護が必要な人(お年寄りや子供)の避難準備をする。

【レベル4(避難準備)】:警戒が必要な居住地域での避難の準備、災害時は援護が必要な人の避難が必要。

【レベル5(避難)】:危険な居住地域からの避難等が必要。

 

噴火警戒レベル2以上の山

 

阿蘇山

 

fpe004

出典:http://sinjiandreiko.blog.fc2.com/

場所:熊本県阿蘇地方

発表日時:平成28年10月08日01時55分

噴火警戒レベル:3(入山規制)

中岳第一火口では、本日(8日)01時46分に爆発的噴火が発生し、噴

煙の高さは雲のため不明です。この噴火により1kmを超える広い範囲に噴
石が飛散した可能性があります。

被害が今の所出ていないのが幸いです。

 

口永良部島

 

p02

出典:http://www.bousai.go.jp/

場所:鹿児島県屋久島町

発生日時:平成28年06月14日18時00分

噴火警戒レベル:3(入山規制)

 口永良部島では2015年6月19日のごく小規模な噴火後、噴火は発生
していません。
 火映は観測されておらず、新岳火口の西側割れ目付近の熱異常域の温度も
低下した状態が続いています。
 新岳火口付近の火山性地震は、2014年8月の噴火前よりやや少なく、
また火山性微動は観測されていません。
 地殻変動観測では、新岳火口を挟むGNSSの基線長に、2016年1月
頃から縮み傾向がわずかに認められ、5月以降は明瞭になり、2015年5
月の噴火前から続いていた島の膨張状態が収縮に転じているとみられます。
 また、火山ガス(二酸化硫黄)の放出量は、1月以降は1日当たり50か
ら200トンで、2015年5月の噴火前後より大幅に減少した値で経過し
ています。しかし、2014年8月の噴火前よりはやや多い状態です。
 これらのことから、引き続き噴火の可能性がありますが、2015年5月
29日と同程度の噴火が発生する可能性は更に低下していると考えられます
。
 新岳火口から概ね2kmの範囲では、噴火に伴う大きな噴石及び火砕流に
警戒してください。また、向江浜地区から新岳の南西にかけての火口から海
岸までの範囲では、火砕流に警戒してください。


桜島

 

110216kago1

出典:http://www.hojo.or.jp/

場所:鹿児島県鹿児島市

発生日時:平成28年02月05日19時13分

噴火警戒レベル:レベル3(入山規制)

桜島の昭和火口では、206年2月5日の18時56分に爆発的噴火が発生し、
弾道を描いて飛散する大きな噴石が3合目(火口より1300mから18
00m)まで飛んびました。
 桜島の噴火活動は、今後、活発化するおそれがあり、気象庁は火口から概ね2km
の範囲では飛散する大きな噴石及び火砕流に警戒するように呼びかけている。

 

御嶽山

 

5414

出典:http://www.ajiko.co.jp/

場所:長野県

発生日時:平成27年06月26日17時00分

噴火警戒レベル2(火口周辺規制)

 御嶽山では、2014年10月中旬以降、噴火は観測されていま
せん。
しかし火山性地震は減少していますが、2014年8月以前の状態には戻っていないのが気になる所です。

 

浅間山

 

img_asamayama_06

出典:http://www.tani-kawa.co.jp/

場所:長野県

発生日時:平成27年06月11日15時30分

噴火警戒レベル:レベル2(火口周辺規制)

 浅間山では、4月下旬頃から山頂直下のごく浅いところを震源とする体に
感じない火山性地震が多い状態が続いています。
 また、二酸化硫黄の放出が増加しており、その放出量は6月8日の観測で
1日当たり500トン、本日(6月11日)の観測では、1700トンと急
増しています。
 
 これらのことから、浅間山では火山活動が高まっていると考えられ、今後
、火口周辺に影響を及ぼす小規模な噴火が発生する可能性があります。

 

 

 

 

吾妻山

 

th_c545c_8789_1

出典:http://www.tani-kawa.co.jp/

場所:形県と福島県の県境

発生日時:平成27年06月11日15時30分

噴火警戒レベル:レベル2(火口周辺規制)

 吾妻山では、本日(12日)06時21分頃、継続時間のやや長い火山性
微動が発生しました。
 火山性微動発生後、火山性地震は増加傾向となっています。
 また、浄土平観測点(大穴火口の東南東約1km)に設置している傾斜計
では、火山性微動に伴って西(火口方向)上がりの変化がみられました。
 以上のように、吾妻山の火山活動は活発化しており、今後、小規模な噴火
が発生する可能性があります。大穴火口から概ね500mの範囲では噴火に
伴う弾道を描いて飛散する大きな噴石に警戒してください。

 

草津白根山

 

p2

出典:http://www.bousai.go.jp/

場所:群馬県吾妻郡草津町

発生日時:平成26年06月03日18時00分

噴火警戒レベル:レベル2(火口周辺規制)

草津白根山では、3月上旬から湯釜付近及びその南側を震源とする火山性
地震が増加し、地殻変動観測によると湯釜付近の膨張を示す変動が認められ
ています。
 湯釜火口内北東部や北壁及び水釜火口の北から北東側にあたる斜面での熱
活動の活発な状態が継続しており、5月頃からは湯釜近傍地下の温度上昇を
示すと考えられる全磁力変化がみられています。
 また東京工業大学火山流体研究センターからの連絡によると、北側噴気地
帯のガス成分にも活動活発化を示す変化がみられます。
 以上のように、草津白根山の火山活動は活発化しており、今後、小規模な
噴火が発生する可能性があります。湯釜火口から概ね1kmの範囲では噴火
に伴う弾道を描いて飛散する大きな噴石に警戒してください。

 

霧島山(新燃岳)

_fko0984-s

出典:http://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/

 

場所:鹿児島県

発生日時:平成25年10月22日18時00分

噴火警戒レベル:レベル2(火口周辺規制)

 新燃岳では、GPS観測によると、新燃岳の北西地下深くのマグマだまり
への深部からのマグマの供給は停止し、新燃岳浅部の活動も低下し火山活動
は落ち着いた状態が続いています。
 しかし、火口内に溜まった溶岩は依然高温状態にあり、火口周辺に影響の
ある小規模な噴火が発生する可能性は残っていますので、火口から概ね1k
mの範囲では弾道を描いて飛散する大きな噴石に警戒してください。

 

諏訪之瀬島

 

kuusatu2_2

出典:http://hurry911.cocolog-nifty.com/

場所:鹿児島県トカラ列島

発生日時:平成19年12月01日10時06分

噴火警戒レベル:レベル2(火口周辺規制)

長期にわたり噴火活動が続いており、現在、火山性地震および火山性微動 はやや多い状態です。 今後も、御岳(おたけ)火口から半径約1キロメートルの範囲に噴石を飛 散させる程度の小規模な噴火が発生すると予想されますので、これらの地域 では噴火に対する警戒が必要です。 諏訪之瀬島の噴火予報・警報は火口周辺警報(噴火警戒レベル2、火口周 辺規制)です。

 

-ニュース
-, ,

Copyright© ノマドリズムのブログ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.