映画コードブルー

映画コードブルーネタバレ紹介!あらすじのラストはどうなる?感想も

コードブルー あらすじ

7月27日公開の映画コードブルーを先ほど観てきました!!

ドラマ同様涙なしでは観ることのできない感動のお話になっていました( ; ; )

 

「忙しくてまだ観に行くことができない・・・」

「大好きなコードブルーのあらすじが気になって仕事にならない・・・」

「映画館まで観に行こうか迷っている・・・」

 

というあなたのために、まだ私の熱が冷めやまないうちにwさっき観てきた映画コードブルーのあらすじのネタバレや気になるラストをご紹介します!

 

また、個人的に気になったところもお教えしちゃいます♪

 

ぜひ気になった方は参考にしてみてください^ ^

 

今すぐシーズン123の全話を無料で視聴する方法

8/31までの期間限定で、シーズン1〜3に加えて「もうひとつの日常」が無料で視聴できますよ♪

↓ ↓ ↓

映画コードブルーのネタバレとあらすじラスト!

コードブルー あらすじ

映画コードブルーは『結婚』や『家族愛』が大きなテーマになった物語でした♪

 

藍沢が戻ってきた!!

始まりはトロント医科大学でライブデモンストレーションが行われるシーンから。

私はしょっぱなから藍沢耕作(山下智久)が出てくるかと思いきや、シーズン3でどっちがトロントに行くかで藍沢をライバル視していた新海広紀(安藤政信)が手術台に立っていました。

 

私の見解ですが、おそらく2週間後に控えている藤川一男(浅利陽介)と冴島はるか(比嘉愛未)の結婚式に向けて一時的帰国する目的で藍沢が新海を推薦したようです。

 

そうです!とうとう藤川と冴島が結婚するんです!!(まあすんなりとは行かないのですが・・)

 

映画コードブルー最初の事故

白石恵(新垣結衣)はフェローたちに講義を行なっていて、緋山美帆子(戸田恵梨香)と冴島と藤川の3人はドクターヘリの前で小学生たちにドクターヘリ体験を開いていました。

 

そこに、空港内で飛行機事故が起こり乗員210名が巻き込まれたと無線が入り、現場に白石・灰谷俊平(成田凌)・冴島の3人が向かいます。

 

3人が到着して負傷者を診ていると、そこに機内から負傷者を担いだ藍沢の登場です!

そうです!藍沢が偶然別の便で帰国した際に居合わせ、誰よりも先に負傷者を診ていたのでした!!

この藍沢の登場はかなりかっこよかったですよ〜♪

 

そして、肋骨骨折と脳挫傷をおった富澤未知(山谷花純)と、水面に浮いていた岡崎(病院到着後脳死判定)が翔北病院に運ばれます。

 

最後の旅行 富澤未知

未知はステージ4のスキルス胃がん(胃の中でガンがばら撒かれるように転移し、進行がかなり早い)で、最後の旅行に行こうと飛行機に乗っていた時に事故が起きたのです。

 

未知には岩田彰生(新田真剣佑)という婚約者がいましたが、病気が発覚して破談となってしまいました。

 

連絡を受けた彰生はすぐに病院に駆けつけ再度プロポーズをするのです。

しかし、未知は病気を知って逃げたくせに!と、そのプローポーズを断ります。

 

彰生が帰った後で冴島に「忘れられるのは嫌。でも、引きずって悲しみの中で生きて行くのはもっと嫌。」と心中を語ります。

そこに冴島が「生きる時間は短いが、どう生きるかは選べる。」と話し、その言葉に未知の気持ちが変化してプロポーズを受けることに決めたのでした。

 

しかし、会場が押さえられずに挙式は1ヶ月後。

2人が仲良くドレスなどを選んでいる中吐血性ショックで倒れます。

 

一命を取り止めましたが、1ヶ月先の挙式を諦めてしまうのです。

そこで、2週間後に予定していた藤川と冴島は自分らで予定していた結婚式を諦め

未知彰生に会場を譲ったのです!!

 

結果、未知彰生は無事に結婚式を迎えることができたのですが、式の途中で吐血して出血性ショックで病院に運ばれてきます。

運ばれてきた未知の指には結婚指輪がはめられていました。

 

意識を取り戻した未知は冴島に対して、「あなたもちゃんとみんなの前で結婚式を挙げてね」と伝えます。

もともとそれほど結婚式に乗り気ではなかった冴島は、この言葉をきっかけにして気持ちが変わっていくのでした。

 

脳死判定 岡崎

岡崎は病院で検査を受け脳死と診断され、両親が呼ばれます。

 

岡崎の衣類の中から『臓器提供意思表示カード』が出てきました。

脳死は臓器提供を行うことが可能ですが、岡崎はまだ14歳。

このカードが有効なのは15歳以上のため、本人の希望だけでは臓器を提供することができないのです。

 

そのことを両親に告げますが、両親大事な息子の体に傷を付けたくないとそれを拒否します。

灰谷はどうすることもできずに両親にカードを渡します。

 

灰谷はどのように対応したらいいのかと悩み葛藤しますが、橘啓輔(椎名桔平)はそんな灰谷に対して、「医師は臓器提供を進めることも拒むこともできない。だけど、全力で息子を助けようとした灰谷にはそばにいて欲しいのでは?」と伝えます。

 

急いで岡崎の両親の元に行くと、息子の臓器移植の同意書に署名をしているところだった。

両親は灰谷に対して「これでよかったのか。まだ手を握れば温もりがあり、ヒゲもうっすらと生えている。でも息子が望んでいるから。」と胸の内を語ります。

 

そして、移植のための手術が終わり、灰谷は再び両親の元に尋ねると、後から橘が息子の橘優輔(歸山竜成)と一緒に病室に入ってきました。

 

すると橘が岡崎の両親に対して、「息子は3ヶ月前に10代の子供からもらった心臓を移植しました。心臓の音を聞いてください。」と聴診器を渡し、優輔の心音を聞かせます。

 

心音を聞いた岡崎の父親はその場に崩れ、「ありがとうございます。君は私たちの希望だ。強く生きてください。」と優輔に伝えるのでした。

 

シーズン3では心臓移植を望んでいなかった優輔も橘説得の元手術を受けましたが、岡崎父の言葉によって救われたのではないでしょうか。

 

雪村双葉の母親沙代

看護師の雪村双葉の母親沙代がかなり衝撃的な登場をしました!!

なんと、沙代の頭に包丁が刺さっているではありませんか!!!( ゚д゚)

 

沙代はアルコール依存症で、酔っ払って料理をしていたところ転んで持っていた包丁が頭にグサリ!!姉が車で運んできたのです。

 

運良く刺さった場所は後遺症の残らない場所だったのですが、酔っ払った沙代が自分で包丁を抜いて意識不明に・・・

 

適切な処置で大事には至らなかったのですが、アルコール性肝硬変で今すぐ飲酒をやめないと命を落とす危険性があるため、沙代は入院することになったのです。

 

しかし、ここには病気よりも重大な問題がありました。

 

双葉と姉が子供の頃は家にお金がなく、4人家族で1枚のハムに卵二つのハムエッグを分けて食べた事すら、唯一楽しかった思い出というほど壮絶な幼少期を過ごしたそうです。

そんな生活が嫌になり、双葉は家を飛び出します。

そして、双葉には経済力がないため、医師になるのを諦め看護師になったのです。

 

そんな中フェリーの事故が起きます。

 

鉄柱が刺さったお父さん

大型フェリーの事故により、ドクターヘリが要請され白石・藍沢・雪村の3人が現場に向かいます。

フェリー内にある車両甲板内で前に停まっているトラックの積荷(鉄柱)が後ろに停めた車に乗っていた男性のお腹に刺さっていて意識不明の重体となっていました。

 

鉄柱をエンジンカッターで切っていたところ、漏れてきたガソリンに火花が引火し火災が発生。すぐに消化しましたが、エンジンカッターが使えなくなり、エアーカッターに変更。

 

しかし、エアーカッターだと鉄柱の切断に1時間もかかると聞き、藍沢と白石は男性の体力が持たないと判断します。

そこでお腹を切って体をずらし、パイプから外すという方法を考え付くのです。

ですが、過去にやったことがないため、そばに立っていた杉原剛志(平埜生成)に同意を求めます。

 

白石は剛志に、「普段飲んでいる薬はないか、些細なことでもいいから情報が欲しい」と伝えるが、剛志はこう答えます。

 

「幼い頃に親父から逃げて自ら児童相談所に電話をかけた。今日会うまで顔も思い出せなかった。久々に会って心無い言葉を吐いてしまった」と。

 

その言葉に、藍沢は「よくやった。子供は親を選べない。君は勇敢だったと思う。」の言葉に、自分が吐き捨てた言葉にひどく後悔をします。

 

そして、父親を助けてください!と懇願し、藍沢達は無事にパイプから父親を離すことに成功し、そのまま病院へ運ばれます。

 

一部始終を見ていた看護師の雪村は自分の人生と重ね合わせ、沙代に対しての気持ちが変わっていくのでした。

 

藍沢が意識不明に!!

次の負傷者がフェリーの下の階にいるということで移動をしているところで、足場にある水たまりに断線したコードが接触しているのを藍沢が見つけて雪村をかばうのですが、藍沢が感電してしまいます。

 

シーズン3でも藍沢は事故の2次災害に巻き込まれているため、また藍沢!?と思ってしまいました(汗)

 

一度は心臓が止まってしまいますが、すぐに病院へ運ばれ処置されますが意識が戻りません。

 

その姿を見て雪村は自分を責めますが、その時に藍沢もお婆さんの介護や自分の事で苦労していた時があったことを知ります。

 

これが最後のきっかけとなり、家族と仲直りすることを決心するのでした。

 

藍沢も無事に意識を取り戻し一件落着!とそんな時に思いもよらない事件が!!!

 

ラスト!病院内で倒れた女性

橘から院内で女性が倒れているからすぐに駆けつけるようにと、藤川と冴島に指示を出します。

 

急いで駆けつけると、そこには白石が倒れていて緋山が先に来ていました。

そして藍沢も登場し、二人にウェディングドレスとタキシードを手渡し奥に連れて行くとそこにはサプライズで用意された挙式会場が!!

 

未知に譲ったことで自分らの結婚式を上げることができなかった二人に対して、スタッフ一同から心のこもった贈り物です。

 

彰生も来ていて、左手の小指には未知の結婚指輪がはめられていて未知も天国で一緒に祝っていることが伝わります。

 

こうして無事に結婚式済ませることができたのです♪

 

これがあらすじのラストということになりますね^ ^

家族愛や結婚がテーマ?の今回のストーリーのシメとして最高のエンディングではないでしょうか。

 

こちらでキャストを確認できます

↓ ↓ ↓

 

 

実際に映画を観た感想

まずは、映画が始まってすぐに、これまでのドラマの回想シーンがシーズンごとに流れます。

  • シーズンⅠ:『出会い』
  • シーズンⅡ:『自立』
  • シーズンⅢ:『継承』

コードブルー好きなら、この単語だけで映像がフラッシュバックして内容を思い出すことができるのではないでしょうか!

私も回想シーンを観ていて、まさにこれらの単語がピッタリ!と思いました♪

思い出せない方も、回想シーンのおかげですんなりと映画コードブルーの内容が入ってくるようになっていますのでご安心ください^ ^

 

ストーリ中に登場する人物それぞれにストーリーがあり、なかなか見応えがあります!!

ドラマコードブルーを映画にぎゅっとまとめたという印象でしょうか^ ^

 

全てのストーリーが繋がって行くのがとても面白く、事故現場などで心臓がドキッとする場面もあったり、家族愛に心があたたまったりと濃〜い内容でした。

 

またドラマコードブルーを見返したくもなりました!!!

寝不足になりそう(汗)

 

また、映画昼顔もそうですが、ドラマで人気を集めた映画ということもあり、朝一の8:20〜開演の部でもかなり人が入っていました!

なので、お昼や夕方などの時間帯だともっと混雑しそうですね。

 

人混みが苦手な方は頑張って朝一で観に行くことをオススメします!

 

また、私のように女性のお一人様もかなり多かったので、面立ちや家族と時間を合わせるのが難しい方でも抵抗なく1人で観にいけますよ♪

 

ドラマコードブルーを無料で観る方法

この記事をご覧いただいて映画コードブルーを見に行く前にドラマコードブルーで予習したい!!という方に朗報です。

 

今すぐシーズン123の全話を無料で視聴する方法

8/31までの期間限定で、シーズン1〜3に加えて「もうひとつの日常」が無料で視聴できますよ♪

↓ ↓ ↓

ちょうど全話を観終わる頃には、映画館の混雑もおさまって来ているのではないでしょうか!

人混みが苦手!という方には予習→映画コードブルーをオススメします☆

 

映画コードブルーのネタバレまとめ

勢いでばーっと書きましたが、なんとなくでもストーリーの面白さは伝えることができたでしょうか(汗)

 

伝わらなかった!という方も、今すぐにでも観たい!という方も、映画館へGO!です^ ^

是非皆さんも映画コードブルーをお楽しみください♪